筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

聖書&御言葉―座右の銘


突然ですが、皆さんは座右の銘は持っていますか?

自分にとっての座右の銘はなんだろうなあ・・・と考えてみると

聖書も含めた神様の御言葉で好きな言葉はいっぱいあります。

「心を尽くし、思いを尽くし、命を尽くしなさい」とか、まあいろいろあります。

 

ですが、自分にとっての座右の銘は聖書の「ヨブ記」にあります。

聖書をちょっと知っている人からすれば、「渋い!!」と言われるかもしれません。

 

でもこの巻に出てくるヨブが自分から見たらとても生きざまが美しいと思うんですよ。簡単に言うと、神様の前で正しい生き方をしていたヨブという人が、サタンの試みにあって財産、家族、そして自分の健康(重い皮膚病になってしまいます)を奪われてしまった時のヨブについての話です。これ以上書こうと思うと書ききれなくなってしまうのでやめます。

その中に出てくるこの聖句が僕の座右の銘です。

 

『見よ、彼はわたしを殺すであろう。わたしは絶望だ。しかしわたしはわたしの道を彼の前に守り抜こう』

ヨブ記13:15

 

 

ここで出てくる「彼」は神様のことを指します。つまり

「神様は自分を殺されるだろう。わたしには絶望だ。しかしわたしはわたしの人生の道を神様の前に守り抜こう」ということです。

最終的にヨブは艱難にあっても信仰を捨てず、むしろ艱難を受ける前よりも大きい祝福を神様からもらうようになりました。

 

かっこいい。このように自分もどんな艱難があっても揺れない信仰を持ちたいです。

 

聖書はいろんな人を通して正しい人生の生き方について書かれた本なので、とてもためになります。興味のある方は近くの本屋で聖書買って読んでみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728