筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

摂理に来て変わったこと


御言葉を聞いた人は誰しも変わります。もちろん自分も御言葉聞いて変わったこと、いろいろあります。

その中でも変わった?こと。それは・・・

「道を聞かれることが多くなった」です。

 

前までは知らない人に道を聞かれる、なんてことはめったにありませんでした。

ところが、御言葉を聞き始めてから、ちょくちょく通りすがりの人に

「あの~、すいません。〇〇はどこにあるのでしょうか・・・?」と聞かれることが格段に増えました。

 

大体聞かれるのは女性です。それもおばさんやおばあちゃんに道を聞かれる機会が多くなりました。おばあちゃんにはよく駅で電車での行き方や乗り換えの仕方などを聞かれます。

なんでこんなに道を聞かれることが増えたのか?と考えてみました。

そしたら「雰囲気が柔らかくなったことかな?」と思いつくようになりました。

 

女性、特におばあちゃんとかが見ず知らずの男性に道を尋ねるっていうのは、いざ相手の立場になって考えてみると、かなり勇気がいるものではないか?と思います。というか同性同士でも道端で見ず知らずの人に声をかけるって結構頑張らないといけないと、自分は勝手に考えています。(NORIにとってはそんなこと、清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟がないとできません(笑))

 

でも、そんな人が自分に尋ねてきたということは、御言葉を聞いて実践していくうちに、知らず知らずのうちにそういった雰囲気をまとうようになったからかなあ、と勝手にプラスに考えております(笑)

 

神様が望まれる人格の一つに心が穏やかで柔和なことが挙げられるので、それに少しずつでも変化していっているのはうれしいものです。

 

でも、そうして道をよく聞かれることが増えたんですが、聞かれた場所がよくわかんなくて、きちんと答えられないことが大変多いです(-_-;)

おばあちゃん、ごめんなさい🙇

 

次はきちんと答えられるようにもう少し地理を勉強しよう、と残念そうに過ぎていくおばあちゃんの後ろ姿を見て毎度決心するNORIなのでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728