筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

黒柳徹子似の店員を通して悟った神様の心情と徹子の部屋


出勤する前によく立ち寄るマクドナルドには、黒柳徹子似の店員さんがいます。

前髪といい、化粧の具合といい、しゃべり方といい。
彼女からは徹子感があふれでている。

「アップルパイでお待ちのお客様、こちらです。ごゆっくりお召し上がりください。」

文章に起こしてみると、あまりにも普通。
普通のこと言ってる。

あえて表現するならば、

「アップルパイ↑でオマチのおキャクサマァ、コチラですゥー。
ゴユックリおメシアガリクダサイぃー(早口)」

限界だ。これがテキストの限界・・
黒柳徹子が言ってると思って、ご自身でイメージしていただくしかない。

音声でしか表せない、この徹子感。
なんてもどかしい。

そう。
このように。神様もそう思っているのです。

神様の言葉は、聖書に記されています。
聖書として、紙に。文字で。

しかし、今も生きて働いていらっしゃる神様は、
今も。わたしたちの目の前で。リアルタイムに。
とっても話したいはずなのです。

ちょうどいま、あなたの目の前に黒柳徹子が現れたとしましょう。
あなたにウインクをして、去って行く徹子。

あなたはおどろき、そのことを誰かに話したいはずです。
「ちょっと聞いてよ。いま徹子がわたしにウインクしたの!これから徹子の部屋に招待されるのかも」

直接だれにも報告できなかったとしましょう。
そしたらどうしますか。ツイッターでつぶやくでしょう。
ラインの仲良しグループに報告するでしょう。

なんとしてでも、この感動を、この思いを、誰かと共有したい。

神様も同じです。
なんとしてでも、自分の思いを伝えたい。
愛する人間にわかってもらいたい。

しかし、直接話すことができない。
だから人を通して話し、人を通して書かせるのです。

伝えるならば、書くよりも話す方がいい。
なぜなら、あの店員の徹子感をテキストではなく、音声で、表情で伝えるべきであったように、
神様の実際の思い、心情、ニュアンス。
それらは話してこそ、もっと伝わるから。

神様はキリストを通して、預言者を通して、あれほど話されました。
文字だけでは、もどかしい心情まで伝わりきらない。
だから人を通し、万物を通し、
いろいろな方法で働きかけ、伝えようとなさる神様です。

わたしは神様の思いをわかってさしあげなくてはいけない。と思いました。

そして、いつか・・徹子の部屋に招待されたなら。
このことも語り伝え、神様をほめたたえようと思います。徹子と共に。


当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930