筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

ぺたぺた日記一周年と半分記念~えっ、もうこんな世紀!~


去年の一月末にブログを書き始めて一年半が経ちました。祝・一周年と半分。

こういった記事は、本当は一月に一周年記念として書くべきだったのですが、
一年経ったことに六ヶ月間気づかなくて、
今一年半過ぎてしまってようやく気づいた次第です。

しかしせっかくなので一年周年と半分を記念することにします。

何かに熱中していると、もう、こんな時間!って焦ることってありますよね。
今の忙しい社会、もう、こんな時間!って焦るのはまだいい方だと思います。

もう、こんな日!もう、こんな週!もう、こんな月!
もう、こんな年度!すぐに百年なんか過ぎてしまいます。マジで早い。

だから一年経ったことに気づかず、半年も出遅れてしまいました。

一年なんて、すぐなのです。

わたしは、自分の個性というと、デザインと、写真撮影と、ごはんが食べたい、と思い浮かびますが
ブログは、自分の中で、メジャーな感じがしません。
それはきっと、ブログと一年しか付き合っていないからです。

ごはんが食べたい思いとは、生まれてから今までずっと共に過ごしてきましたが、
ブログを書きたい思いは、付き合って一年半なのです。

そして、一日も一年もさほど変わらないこの現代社会では、ブログを一年やったところで、
あれ、昨日やり始めたのかと思ったら一年前だったんだ、と感じるしかありません。

つまり短い。
日が沈むのは早いなあくらいのニュアンスで、年が暮れるのは早いなあと思うのでしょう。

それと同時に、一日が千年のように感じる日々です。
千年は一日のようだけれども、一日は千年のようです。

はっと気づくと、ものすごくたくさんのことが思い出され、
ものすごい時間を過ごしてきたように感じます。

摂理に来てから、たくさんのことを見て聞いて考えて、
もう人生50年くらいを生ききったようだけど、まだ4年?わたし4歳?

そう考えると、いつまでも年齢の変わらないアニメキャラやアイドルも、理解できるような気もしてきます。

しかし、人は年をとります。
永遠の5歳児と呼ばれ続けた私も、もうすぐ25歳です。
マジ長いけど早い。時間マジやばい。

そうして遅ればせながら、そろそろ本題に入ります。
ブログを一年半やってきたことを、振り返ろうとおもったんですね。

振り返ってものすごく感じることは、ブログ書いた記憶がないということです。
夢中で書いてるからなにも覚えていません。

1日1年と考えれば、
きっとあと6年くらいやれば、1週間分の思い出ができるかもしれません。

きっと未来はもっと早く時間が過ぎていくでしょう。
もうこんな時間なの!と焦るどころか、もうこんな世紀なの!って言ってる人が増えるとおもいます。
さあ、早くやらなくっちゃ。


当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930