筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生

青いいちごを見たときの話


 

私は新しいことがすきです。

いつも新しく始めるのがすきです。

しかし、それはうまくはいかないこともあります。

 

新しいことは、未知の部分があります。

考えても考えても、やってみないとわからない部分があります。

 

わたしはいちご狩りに行って、青いいちごを見たとき、

いちごを初めて自分で育てた人は、

青いいちごを見て心配したのではないかと思いました。

これは一体、赤くなるのかどうなのか。

 

でも、わたしたちはわかっています。

青いいちごが、赤く変化するのを見たことがあるから。

時になれば、いちごは赤く熟します。

一度成功したのを見たことがあれば、自信を持ちます。

でも、成功したことがないとき、わからなくなります。

 

新しく育てるとき、心配することもあります。

でも、熟すようにできている実ならば熟します。

 

熟さない実もあるでしょう。それは熟しません。

栄養がうまく行き届かないとか、日が当たらないとか、そもそも力がないとか。

 

ビニールハウスの中には、熟さないまま終わってしまったいちごもたくさんありました。

しかしそれより、大きく熟したいちごがたくさん並んでいたのが目立ちました。

熟すか熟さないか、神様にしかわかりません。

なのでやってみるしかないのだろうと思いました。

 

 

 


当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031