筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

考えをわかってもらえるのはうれしい


先日、運よく仕事が休みになったので久しぶりに教会で礼拝を捧げました。

礼拝終了後、女性の指導者の方が話に来てくれました。

久しぶりだね~、から始まり。

さあ、何を言われるんだ、と構える自分。

 

NORIはここ最近、メンバーと話をしたいという気持ちもありましたが、それと同時にあまり話をあまりしたくない、という気持ちもありました。

なぜかというと、「御言葉ちゃんと聞いてる?」とか、「お祈りちゃんとできてる?」とか、

そういう質問に答えるのに、辟易する自分がいたから。

 

また、その質問?

この前も答えたし、、、

御言葉なるべく聞けるように、頑張ってるし。

お祈りもしているし。

言われなくても、そうやってるし。

 

、、、、みたいな気持ち笑

 

だから、特に指導者の方と話をするのが、そういった意味では、

少し嫌だな、という気持ちがありました。

 

ですが、彼女は久しぶり~の後、

「大丈夫?ちゃんと、息抜きできてる?」

と尋ねてきました。

 

おや、と思いました。

自分の考え、見透かされたかな?と思いました(笑)

 

どういう風に思って、そう尋ねたのかは、本人に聞いてみないとわからないですが、

その時の自分に一番言ってほしい言葉を言ってもらえたような気がして、

個人信仰でピン、と張っていた気持ちがほぐれました。うれしかったです。

 

たぶん、聖霊様が彼女にそう言うように感動を与えてくださったんでしょう。

そこから、少し話をしたのですが、心を開いてよく話ができました。

また一人に戻っても頑張ろう、と力をもらいました。

 

考えをわかってくれる、というのは、やっぱりいいなあ。

そう思った一日でした。

 

投稿者プロフィール

NORI
NORI
NORIと言います。
現在乗馬インストラクターという、世の中においても摂理においても結構珍しい仕事をしております。

あと、軽度の発達障害(ASD)持ってます。
そのため毎日生きるのに必死ですが、神様がいろいろ助けてくれるので何とかなってます(笑)

摂理人のリアルな生活や、信仰生活、発達障害とか、馬のこととか、思いついたときに書いていってます。

皆様気軽に立ち寄ってくださいね。

当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31