筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

神様の働きかけ


こんばんは、NORIです。

新年あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いします_(_^_)_

さて、就職し筑波を離れてはや2か月余りがすぎ、3か月になろうとしています。

この間、仕事の内容を覚えたり、新しい環境に慣れなきゃいけなかったりで、かなり大変でした(^^;

 

特に僕の仕事は馬を扱うお仕事。馬房を掃除したり、手入れしたり、馬に乗ったり、などなど・・・。人間の何倍も大きい馬のお世話って、かなり重労働で体力を使います。

始めのうちは毎日家に帰ってきてからすぐにバタンキューで、お祈りや御言葉を読むこともまともにできませんでした。お祈りしても眠くて眠くて、真剣に祈ることなんてできなかったし、体の疲れも大きくて、明け方なかなか祈ることもできませんでした。

 

そんな大変な毎日を送っていましたが、この期間神様の働きかけを本当にいたるところで感じました。

特に神様が働きかけてくださったのは天気のしるし。

なんと、僕が外にでて作業をする日はまだ一度も雨に降られたことはありません(笑)

大雨が降った日は僕が厩舎内で仕事をする日だったり、そもそも仕事が休みの日だったりします。

そして、僕が特に神様が働きかけてくださったと感じることは、僕が仕事続きでとても疲れている時です。

「ああ、本当に今日はしんどい・・・。神様、本当に体がしんどいです。。。」

って心の中で言っていたら、晴れだったのがいきなり雨が降ってきて、急きょ当日キャンセルになって自分の担当業務がなくなったりしました。

 

また、この前もお客さんを車で送迎していたのですが、体が疲労困憊で眠くて

「ああこのままだと事故してしまいそう、やばい、神様・・・」と運転中祈っていると

新しく乗ってきたお客さんが

「先生(僕のことです)、コーヒー買ってきてあげるね!」

といきなりコーヒーをおごってもらったりもしました(笑)カフェインのおかげで目がぱっちりさえました(笑)

 

こんな風に、一見すると偶然の出来事のように見えるかもしれないけれども、神様が僕の心身の状況をご覧になって、あの手この手を使って助けてくださっているんだなあとより一層悟るようになりました。御言葉聞いていなかったらなんでこんなことが起こるのか、よくわからなくて、ただ瞬間喜んで終わっていたのかもしれないけれども、御言葉で神様の働きかけを知るようになったから、神様に感謝の気持ちも自然にわいてくるし、いつでも愛してくださっているんだなあと感じられてなんだかうれしいです(#^.^#)

それにあまり御言葉を深く読んだり、祈ったりできていない中でも、生活の瞬間瞬間で神様を呼ぶだけでも、こうして働きかけてくださっているので、本当に神様は人間のことを愛してくださっているんだなあ、と感じました。

神様と聖霊様と御子主も瞬間前に立って、通り過ぎる。その時その瞬間「言うべきこと」言い、「実践」もしなければならない。

瞬間来た機会だ。〈その時その瞬間〉行ってこそ、「買うべきもの」も買うようになり、「すべきこと」もするようになり、「得るべきもの」も得るようになる。

その時、その瞬間、その機会だ。

(2017.1.5明け方の箴言より〉

 

それでも、世の中の人はこうした出来事をただの偶然と考えて、神様に感謝しないから、神様もなんだかもどかしい気持ちでいっぱいなんだろうなあ、とも感じました。

僕は御言葉を聞いて、神様の働きかけを学んだから、これからもこうした偶然のような出来事一つ一つにもしっかりと目を向けて、神様に感謝していきたいですね!(^^)!

 

 

投稿者プロフィール

NORI
NORI
NORIと言います。
現在乗馬インストラクターという、世の中においても摂理においても結構珍しい仕事をしております。

あと、軽度の発達障害(ASD)持ってます。
そのため毎日生きるのに必死ですが、神様がいろいろ助けてくれるので何とかなってます(笑)

摂理人のリアルな生活や、信仰生活、発達障害とか、馬のこととか、思いついたときに書いていってます。

皆様気軽に立ち寄ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930