筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

告白


私が信仰生活を見直していた時、真っ先に変えたことが祈りでした。

それまでの私の祈りは、「神様によく見られたい」という思いが先立っていました。

なので、その日の中で自分が失敗したこと、御言葉通りにできなかったこと、悩んでいること、苦しんでいること、御言葉の中で疑問に感じていること・・・などをこと細かに告げることをしませんでした。

 

「神様に嫌われたくない」

「御言葉に疑問を感じている自分は、いけない子だ」

「失敗したことを告白するのは、嫌だ、恥ずかしい」

 

そんな思いから、私は祈りを、表現は祈りが良くできる人っぽくしていたけれども、本音を全く言わないようにしていました。

 

ですが、本当に変わりたいと願った時、この現状を変えなければ、ずっとこのまま、神様と、ただの知り合いの関係、現実にもあるような、当たり障りのないやり取りをして、ほどほどの距離感を保っている関係、一緒にいるんだけど、精神的な距離は遠い関係になってしまうと思いました。

せっかく、神様が私を呼んでくださったのに、

「一緒にやろう」

と手を差し伸べてきたのに

私のつまらないプライド、自尊心のせいで

死ぬまで一人になってしまう

そう思うと怖くなってきて、焦りました。情けなくなりました。

 

「いけない。このままでは」

そう思って、私は祈りを変えました。

ある時は御言葉によって感じる不自由さ、現実とのギャップを延々と告白し、

ある時は過去に体験した嫌な出来事を、吐きそうになりながら告白し、

対人関係で問題があった日には、相手のことを「気に食わない」と告げ

 

とにかく、その日にあった出来事、それについて感じたことを、飾り立てず、恰好をつけずに

ありのままに告白するようになりました。

 

ただ、どんなめちゃくちゃな祈りをしたとしても、最後には癒しをねがう祈りをしていました。

「神様、どうか私を愛で導いてください。私の心を癒してください。癒してください。癒せるのはあなただけです。この瑕を、どうか、どうか」

 

後編:生まれ変わった

投稿者プロフィール

NORI
NORI
NORIと言います。
現在乗馬インストラクターという、世の中においても摂理においても結構珍しい仕事をしております。

あと、軽度の発達障害(ASD)持ってます。
そのため毎日生きるのに必死ですが、神様がいろいろ助けてくれるので何とかなってます(笑)

摂理人のリアルな生活や、信仰生活、発達障害とか、馬のこととか、思いついたときに書いていってます。

皆様気軽に立ち寄ってくださいね。

当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930