筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

聖書を3通読した感想


どうも、NORIです。

タイトルの通り、一か月ほど前に聖書の通読を3周突破しました!

通読=最初から最後まで読むこと です。

 

御言葉を学び始めてから約3年かかりました。

3周通読していく中で感じたことを書いていきたいと思います。

1周、2周、3周と、読み込んでいくごとに聖書の読み方が少しずつ変わっていきました。

  1. 1周目

1周目は、あまり深い意味はよく分からなくて、ただひたすらに読み進めていた感じでした。

新約聖書は読みやすかったんですが、旧約になると急に読みにくかったです。昔の言葉遣いで書かれているし。。。

何より、一番躓いたのがレビ記でした(笑)

気になる人はぜひ読んでみてください。布団に入って寝ながら読めば5分くらいで寝落ちします。

とりあえずは読んでいたけど、「何でここはこういうことになったんだろう?」とか、「神様は何でこんなことを言ったんだろう?」といった疑問はたいして思い浮かばず、あまり聖書の世界に入っていない感じだったと思います。

でも、新約から読み進めていったのですが、最後に旧約のマラキ書を読み終えた時の達成感はものすごかったです(笑)

2. 2周目

2周目は、1周目と比べて結構すいすい読み進めていけました。一回読んでいるのでどういう時代背景なのかとか、この後どうなるのか、展開がある程度わかっていたので、余裕をもって読めました。

1周目に読んだ時にはあまり気に留めなかった聖句が、二回目読んでみると心に深く刺さるようになっていました。特に大きな変化があったのは旧約聖書のエゼキエル書を読んでいた時。

1周目はあまり感じなかったのですが、2周目になって読んでみると神様の悲しい心情が文章から感じれるようになっていました。エゼキエル書だけでなく、聖書全体を通して、神様の心情の部分をより深く、感じ、悟れるようになったのが2周目でした。

 

3. 3周目

3周目はさらに深く読めるようになりました。イエス様と弟子たちのやり取りとか、モーセが紅海を割ったシーンとか、頭の中で映画のワンシーンのように思い浮かべられるようになりました。(と言ってもわからないところはわからないままですが(笑))

また、読んでいく中で、旧約の預言者が語った部分が新約で成就している!と気づけるようになりました。イエス様がおっしゃったことを読んで「あ~、そんなことイザヤ書に書いてあったなあ。あれってこういうことだったのか」といった具合です。

さらに、神様の人間に向かう愛が、旧約から新約までずっとつながっていて続いている、ということも感じれるようになりました。

自分が何か困ったことがあった時などは、聖書に書かれてある聖句を読んで、力を受けたりもしました。

好きな聖句とかもできるようになりました。最近のマイブームは神様がヨシュアに語られた「強く、雄々しくあれ」です。仕事とかで大変な時などは頭の中で無限ループさせて、「よし、頑張るぞー」と思ったりもしてます。

 

3周通読してみて感じたことは、聖書はスルメのように、読めば読むほど味わい深くなっていく本なんだな、ということです。

今現在は4周目に突入しています。仕事で学生の時と比べて読む時間が少なくはなっていますが、マイペースに読み進めていけたらと思います。

 

ps. 何回通読しても、マラキ書を読み終えた時の達成感は半端ないよ!笑 

投稿者プロフィール

NORI
NORI
NORIと言います。
現在乗馬インストラクターという、世の中においても摂理においても結構珍しい仕事をしております。

あと、軽度の発達障害(ASD)持ってます。
そのため毎日生きるのに必死ですが、神様がいろいろ助けてくれるので何とかなってます(笑)

摂理人のリアルな生活や、信仰生活、発達障害とか、馬のこととか、思いついたときに書いていってます。

皆様気軽に立ち寄ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30