筑波大の現役&OBOGが、摂理の学生生活、普段は何をしているのか?素の自分を書いています。

menu

摂理の筑波大学生-キリスト教福音宣教会

馬の乗り方に人の性格が出ます


こんばんは、NORIです。

 

行動とか、振る舞いで、その人の性格がなんとなくわかる場合ってあると思います。

例えば、片づける時にモノをきちっとそろえると几帳面、とりあえずしまうけどそろえずにぐちゃぐちゃにしまう人はおおざっぱ。

話し方がのんびりしている人だと性格もそのままおっとりさん、

逆に速くしゃべる人はせっかちさん、などなど。(あくまで一例です)

 

 

で、人ってやっぱり馬の乗り方にも性格が出てきます。

例えば馬に指示を出すときに、いきなりガツンとする人はイケイケタイプ

馬の反応見ながらそろりそろり指示を出す人は慎重派

みたいな感じに。

 

なので、お互いに話すよりも乗り方とか、馬へのアプローチの仕方でその人の性格がつかみやすい、なんてこともあります(私だけかもしれませんが・・・(笑))

 

そして、当然ですが馬も生き物なので、いろんな性格の子がいます。

 

優しい、怒りっぽい、繊細、のんびりさん、まじめ、やんちゃでいたずら好き・・・・

みたいに、人間と同じように個性を持っています。

 

 

ところで、人間同士も相手によって接し方を変えるみたいに

馬相手にも騎乗する時のアプローチを変えていかないと思ったようにいきません。

そして、馬への接し方はそっくりそのまま、人間関係にも当てはまるのではないか、と思うようになりました。

例えば、乗っている途中馬が思うように動いてくれなくて、いら立ってムチを必要以上に打ってしまうことがあるのだったら、人間相手にもそのような状況になった時、直接相手を殴ったりしなくても心の中はそのように考えているのかもしれません。

 

そうなると、姿勢や扶助の出し方の是非といった、身体的な面はさておき、精神的な面においても、馬はいろいろ人に教えてくれる鏡のような存在なのではないでしょうか。

 

では今日はこの辺でノシ

 

 

 

投稿者プロフィール

NORI
NORI
NORIと言います。
現在乗馬インストラクターという、世の中においても摂理においても結構珍しい仕事をしております。

あと、軽度の発達障害(ASD)持ってます。
そのため毎日生きるのに必死ですが、神様がいろいろ助けてくれるので何とかなってます(笑)

摂理人のリアルな生活や、信仰生活、発達障害とか、馬のこととか、思いついたときに書いていってます。

皆様気軽に立ち寄ってくださいね。

当サイトの著作権について

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930